2008年3月 2日 (日)

松下奈緒-流れる雲よりもはやく

懐かしさを感じる曲。俺、こういうの好きだな~。浄化されるような感覚がしてくる。この曲が主題歌の映画も気になる。

関係ないけど、俺が通っているジムでエアロを教えている先生は松下奈緒似だ。顔だけじゃなくて雰囲気や背が高いところもよく似ている。

| | コメント (913)

2007年9月10日 (月)

きみにしか聞こえない

(評価:★★★★)

ドラマCDという面白いジャンルだけどけっこういいね。活字を読む気力もなければ映像を観る気力もないときでも音声だけだとそんなに疲れない。

眠れない真夜中に聴いたら、乙一らしい切ないストーリーとマッチして雰囲気が盛り上がってよかった。

ところで、この物語の中に相原リョウという登場人物が出てくるんだが、この女の子が人とあまり話さなくなって声が出ない、会話ができないという状態になっている。ヒキるとこうなっちゃうことがあるらしいが、俺にはなかった。

ただ、声はキモくなった。小説でよく出てくる『乾いた声が聞こえた』という表現があるが、俺は乾いた声なんてここ十年出したことない。逆に湿り気があるような感じ。しかも声がこもっている。こもるから湿り気がさらに増す。もう最悪!

| | コメント (55)

2007年7月27日 (金)

残酷なニートのテーゼ

続きを読む "残酷なニートのテーゼ"

| | コメント (164)

2007年7月25日 (水)

the brilliant green - Stand by me

ひさしぶりのブリグリの新曲を聴いたが、マジでいいわ。 

「探偵学園Q」というドラマのED曲がこれだったわけだが、この映像もいいな。雑踏のシーンが少しうるさく感じる以外は俺の好み。

| | コメント (422)

2007年7月11日 (水)

YUI - My Generation

YUIの新曲をレンタルしてきた。曲を聴いてすぐサボっていたギターの練習を再開した。

| | コメント (41)

2007年6月 6日 (水)

YUI-Tokyo

この歌を聴いていると泣きたくなる。

| | コメント (2268)

2007年5月26日 (土)

涼宮ハルヒの憂鬱

この曲は、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の第12話でハルヒが歌った『God knows』。

俺の今年のゴールデンウィークはハルヒに始まり、ハルヒに終わったと言っても過言ではない。「涼宮ハルヒの憂鬱」を見ていない奴は、今からすぐツタヤかゲオに行ってDVDを借りてこい。

ダッシュだぞ!

| | コメント (216)

2007年5月11日 (金)

YUI-LIFE

YUIの「LIFE」という曲。昨日、眠れなかったときにたまたま聞いたらハマってしまい何十回もリピート。YUIを知ったのは、作業所に通っている女の子から「これ聞いて。ホントいいから!」とYUIのCDを渡されたのきっかけである。そのときはまあまあの印象しかなかったんだが。

「LIFE」は曲も良いがそれ以上に歌詞がいいな。

YUIのPVを見ていたら無性にギター弾きたくなってきたわ。カラオケで熱唱もしたいところなんだが、俺、音痴なんだよな。ジャイアンヴォイスを克服してーよ!

| | コメント (690)

2006年12月30日 (土)

ひきこもりカンタービレ

以前、ひきこもりの会でバンドを作ったことがあった。音楽が好きで詳しいヒキもいたのでやれると思ったのだ。
だから、俺はヒキ仲間に言った。

「俺たちで伝説を作らないか?」

伝説はすぐに白紙になった。乗り気だった音楽好きヒキの突然の失踪。俺のギター練習の不足。バンド経験のある女の子の体調不良。唯一、まともにやったのはニート興業さんぐらいだった。

音楽なんかくだらねーよ! 

やけになった俺は雨降る街をさまよい歩き、飲めない酒を飲みまくり、行きずりの女と寝て、チンピラと喧嘩して血だらけになった、ということもなく普通にひきこもっていた。

そんな俺を音楽の世界に再び戻してくれたのはウォークマン(フラッシュメモリ型)との出会いがきっかけだった。一億総iPodという状況に天の邪鬼の俺はあえてソニーのウォークマンを選んだのだ。
そして、音楽を前のように聴くようになり楽しめるようになっていった。

そのウォークマンに入れてよく聴く音楽を紹介したい。

柴咲コウ「かたち あるもの」-ずっとこの曲を聴いているとこぶしを握りしめ瞳をとじて泣きたくなる。

柴咲コウ「invitation」-疾走感のある曲。PVの男の子と女の子も走っているし俺も走ろうという気になるかというそうでもない。ていうか、ショートヘアの柴咲コウはかわいいと思う。

柴咲コウ「影」-暗い世界に引き込まれそうだが一方で妖艶な曲でもある。

沢尻エリカ「タイヨウのうた」-人との出会いによって世界の見え方が180度ちがってくるようなイメージが浮かぶ歌詞が魅力的。曲もギターで弾き(ヒキ)語りしたくなるような曲だ。

止めていたギターをまたやろうかな。新しくひきこもりの会に入ったヒキは音楽がかなり好きらしい。彼の場合は洋楽オンリーだがいろいろCDを借りた。
昔やっていたヒキバンドの話をしたら興味を示し、「俺はドラムをやりたい」と言うほどだった。

活動停止中のヒキバンドもそろそろ復活したいところだぜ。ひきこもりカンタービレ!

| | コメント (44) | トラックバック (0)